美肌について

美白の敵!シミ対策のスキンケア方法

更新日:

肌にできるシミは、お化粧で隠すことが出来るとはいえ、やはり気になるものです。
素肌になったときに、シミにショックを受けないように、日頃から美白になるためのスキンケアをしていくことが必要です。

どういうことをすれば、効果的な対策になるのかというと、シミはなんで出来てしまうのかということを調べれば簡単です。
黒や茶色にみえるものは、メラニン色素で、日焼けをしたときに肌の色が黒くなるのと同じ物質が原因です。

わかりやすくするために流れを見ていきましょう。
紫外線や摩擦など肌に何らかの刺激が加わったときに、活性酸素が発生して最近などから体を守ろうとします。
ところが、活性酸素には人の細胞を傷つけてしまうというマイナスの働きもあり、その被害を防ぐためにメラノサイトからメラニン色素が分泌されます。
メラニン色素が発生すると活性酸素は、健康な細胞ではなくメラニン色素を攻撃するので、身体にダメージが加わるのを防ぐことが出来ます。
そうして攻撃されたメラニン色素は、役割を終えたら、肌の新陳代謝によって、古い角質とともに肌の外へと排出されるのです。

つまり、肌の新陳代謝いわゆるターンオーバーが正常に機能していれば、肌は白い状態を保つことが出来るのです。
それがメラニン色素が大量に作られすぎて、対応しきれなくなると、肌にいつまでも残って独特の模様をつくりだしてしまいます。

ターンオーバーが正常に機能しない理由としては、よくあるのが加齢です。
若い頃は肌細胞も元気で、細胞分裂がしやすいのですが、年を取ってくるとそのスピードが遅くなり古い角質がいつまでも残ります。

他にも洗顔などによる刺激、ストレス、睡眠不足等があります。
元のように肌が元気になってシミをなくすためには、これらの原因を取り除いていくことが一番です。

生活習慣の見直しは、各自が努力していくべきものですが、スキンケアということでは、重要なポイントになるのは保湿です。
保湿はターンオーバーの乱れを解消するだけでなく、肌を外部の刺激から守る肌バリアを維持するためにも必要です。

美白用のスキンケア化粧品を使うときには、肌の保湿力を作り出すセラミド、天然保湿因子、皮脂の3つに注目しましょう。
セラミドは大量の水を溜め込み肌を守る役割をしており、天然保湿因子はやはり大量の水をためこむために働きます。

そして皮脂は水の蒸発を防ぎ外部の刺激から守ります。
セラミド配合の化粧品はよくありますし,天然保湿因子とはアミノ酸の一種なのでそれが含まれている化粧員を使います。
皮脂はホホバオイルなどが人の皮脂に近いものなので、スキンケアに使うと良いでしょう。

PC用

PC用

おすすめ記事

1

ドモホルンリンクルを使い続けて5年の効果 ドモホルンリンクルを使い続けてもう5年になるのですが、個人的には「効果あり!」と胸を張って言えます。 年齢相応の肌になってシミやシワが目立つようになっていたの ...

2

■目次 肌トラブルを解消する秘訣が詰まったドモホルンリンクル ドモホルンリンクル 無料お試しセットの口コミ ドモホルンリンクルの電話勧誘 ドモホルンリンクル お値段以上の効果が期待できます ドモホルン ...

-美肌について
-, ,

Copyright© ドモホルンリンクル 使い続けて5年の感想を素直に口コミします! , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.