美肌について

実は紫外線は室内にも降り注いでいる!?

更新日:

美白を目指している人はできるだけ紫外線に当たらないように室内にこもっているということも多いものですが、それだけで安心をしてはいけません。

たとえ建物の中にいるからと行って紫外線を完全にカットすることができるとは限らず、むしろ思っている以上に室内にも降り注いでいることがあるので注意をしましょう。

まず、一番UVが多い場所というのは窓際であり窓際に常にいるような状況では、部屋の中だからといって日焼けしないというわけにはならないので気をつける必要があります。

もっとも、窓際はUVが強いことを知っているあるいは体感的に影響が大きそうだと感じる場所ですから、そこまで気にする必要はないかもしれませんが、部屋の中にいたとしても窓際にずっといれば屋外よりはマシなレベルなだけで日焼けの可能性があるということを覚えておくようにしましょう。

それではどの程度窓から離れれば良いのかというと、大体1m以上離れて過ごせばUVのことをそこまで大きく気にする必要はありません。
また、室内にいるときにもUV対策としてケアをしておけば、そこまで大きな影響を受けることがなくなるので、日焼けのリスクを下げることができます。

更に徹底的にUV対策をしたいのであれば、カーテンを閉めるという方法があります。
カーテンを閉めるだけでもUV量は大幅に軽減することができますし、遮光カーテンであればほぼゼロにまで抑えることができるのでUV対策とは完璧です。

遮光カーテンを使用するのはあまりにも暗すぎて気が滅入ってしまうという場合には、植物を飾ってそれで日光を遮ってみるというのも良いでしょう。

また、窓際と言ってもどこも全て危険なのかというとそうではなく、北側のように日差しが無いような場所であればそこまで気にする必要もないので、窓際で過ごすのであれば北側を選ぶという手もあります。

最後に大切なことは美白のためには紫外線を避けることは大事ですが、全く日光に当たらないというのも問題ですから神経質になりすぎないことが大切です。

どの程度、紫外線を浴びたら悪影響が出るのかということを考えて、室内のどこにいればどの程度の量を浴びるのかということを知っておくことがポイントです。

対策をしなければならない場所なのか、あるいは神経質になりすぎなくて良いところなのかということをしっかりおさえておけば、美白に役立つ最適な対策を立てることができるので、まずは正しい知識を身につけることが大切です。

PC用

PC用

おすすめ記事

1

ドモホルンリンクルを使い続けて5年の効果 ドモホルンリンクルを使い続けてもう5年になるのですが、個人的には「効果あり!」と胸を張って言えます。 年齢相応の肌になってシミやシワが目立つようになっていたの ...

2

■目次 肌トラブルを解消する秘訣が詰まったドモホルンリンクル ドモホルンリンクル 無料お試しセットの口コミ ドモホルンリンクルの電話勧誘 ドモホルンリンクル お値段以上の効果が期待できます ドモホルン ...

-美肌について
-, ,

Copyright© ドモホルンリンクル 使い続けて5年の感想を素直に口コミします! , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.