美肌について

美白の敵!シミの原因

更新日:

美白を脅かす存在、それがシミです。
年をとったらできてしまうのは仕方ないと諦めてしまう人もいますが、適切な対策をすることでシミを予防できる可能性があります。

そもそも、シミができてしまう原因はメラニンが過剰生成されてしまうことです。
メラニンはメラノサイトという細胞によって作られますが、このメラノサイトに「メラニンを作れ」と命令させてしまう原因は次のようなものです。

1:紫外線(UVB)
UVBは波長が短く、皮膚の細胞を直接攻撃して皮膚細胞を破壊します。
そうならないように、皮膚はメラノサイトに命令を出してメラニンを作らせます。

紫外線が当たらなければその後はメラニン色素が作られなくなってターンオーバーで元の色に戻りますが、皮膚細胞のDNAに変異が起きてしまった場合はメラノサイトが活性化したままになってしまうため、シミになってしまいます。

2:活性酸素
人間は酸素を吸って生きていますが、そのうちの何割かは体内で酸化力の高い活性酸素に変わってしまいます。
活性酸素は細胞やDNAにダメージを与えてしまうので、それを防ぐためにメラノサイト刺激ホルモンというものが分泌されます。するとメラニンが作られてしまいます。

活性酸素を増やす原因には、紫外線(UVA)、汚染された空気、食品添加物のほか、飲酒や喫煙といった生活習慣、ストレスなどがあります。また、便秘や睡眠不足、さらには激しい運動によっても増えてしまいます。
陽の強い屋外でフルマラソンをするというのは、メラニンを大量に増やしてしまう原因になるということです。

3:炎症
ニキビなどで皮膚に炎症が起こると、炎症からのダメージを回復するために新しい細胞を作る働きが活発になります。
この時にメラノサイトも一緒に活性化してしまうため、メラニン色素が増えて色素沈着が起こりやすくなります。

ニキビの他に、日焼けや火傷、湿疹やかぶれ、虫刺され、化粧品からの刺激、摩擦、女性ホルモンの乱れなどによっても皮膚の炎症が起こることがあります。薄い炎症でも長期的に炎症が続くことで色素沈着が起こってしまいます。

シミを防ぐためには、まずは紫外線対策は絶対にしておきたいところです。
紫外線は活性酸素を増やす原因になりますし、皮膚細胞に変異を起こしてしまう可能性もあります。
皮膚への刺激を少なくしてメラニンを増やさないようにすることが対策のポイントです。
年齢に関係なく対策は行っておきましょう。

PC用

PC用

おすすめ記事

1

ドモホルンリンクルを使い続けて5年の効果 ドモホルンリンクルを使い続けてもう5年になるのですが、個人的には「効果あり!」と胸を張って言えます。 年齢相応の肌になってシミやシワが目立つようになっていたの ...

2

■目次 肌トラブルを解消する秘訣が詰まったドモホルンリンクル ドモホルンリンクル 無料お試しセットの口コミ ドモホルンリンクルの電話勧誘 ドモホルンリンクル お値段以上の効果が期待できます ドモホルン ...

-美肌について
-, ,

Copyright© ドモホルンリンクル 使い続けて5年の感想を素直に口コミします! , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.