美肌について

クレンジングの使用方法と注意点

投稿日:

オイルタイプのクレンジングは使用方法に注意点が!正しく使って美肌を目指そう

メイク落としにクレンジングオイルを使うと、お肌のつっぱり感を感じるという人がいます。
クレンジング剤には色々なタイプがありますが、クレンジングオイルは洗う力の強さが特徴的です。
オイル型のクレンジングを使っても、きちんと使うことで、肌に優しいケアができます。

洗顔を行う目的は、皮膚にこびりついた汚れやメイクをしっかり落とし、肌を清潔な状態にすることです。
界面活性剤を多く含有しているオイル型のクレンジングは、ジェル状や、クリーム状のクレンジング剤と比べて油汚れを皮膚から洗い落とす力が十分にあることが重要な点です。

人間の皮膚はある程度の油分を保持していますので、汚れを落とす時に、皮膚にとって必要な油分まで取り除いてしまうことがあります。
皮膚の保湿や、外部からの刺激から肌をガードするための分泌されている油分が、クレンジング剤で分解されると、肌トラブルの原因になります。

お肌がもともと持っている油分まで除去してしまうと、クレンジングケアをした後に、肌が突っ張ったような感触になります。
くっきりとしたメイクをした日だけオイルクレンジングを使うなどの使い分けが、皮膚に負荷をかけないためには大切です。

顔の皮膚は薄くデリケートなので、メイクを落とさなければならない時でも、強くこすって皮膚に負担がかかってしまうような事態は避けましょう。
クレンジングケアをする際は、お肌に負担がかからないようにすることです。

オイルクレンジングを行う場合、クレンジング剤を使う量が足りないと汚れが落としづらくなってついこすってしまうので気をつけましょう。

オイルタイプのクレンジングは肌の負担に!界面活性剤を含まないオイルでクレンジングをしよう

オイルクレンジングなら、くっきりと施した濃いメイクでも、すっきりと洗い落とせます。
ただし、オイル型のクレンジングは皮膚の持つ油分まで取り除いてしまうので、皮膚が乾燥しやすいという欠点があります。
油分を分解する界面活性剤を含有しているオイルクレンジングは、油性のメイク汚れを簡単に洗い落とすと共に、皮膚の油分まで除去してしまうことがあります。

油分を分解する界面活性剤は皮膚への負荷にもなりますので、敏感肌の人は界面活性剤が入っていないクレンジングが適しています。
オリーブオイルやホホバオイルなど界面活性剤を含まないオイルは、肌への負担が少ない商品として人気があります。
洗浄力が強くないクレンジング剤でも、正しい使い方をすることで、皮膚に張り付いたメイク汚れを洗い落とすことができます。

タオルを蒸して温めたものを顔に載せたり、スチームパックをすることで、毛穴がほどよく開きます。
電子レンジでタオルを温めれば、簡単に蒸しタオルができます。
水に濡らし、ビニール袋に入れて温めましょう。

顔を洗う時には、オリーブオイルを洗顔前に少量つけるといいと言われています。
まず手のひらにオリーブオイルを少量出し、顔全体を覆うように伸ばすことで、顔の汚れ落ちがよりよい状態になります。
食用のオリーブオイルではなく、保湿成分が配合されているスキンケア用のオリーブオイルがおすすめです。

日々の洗顔ケアを億劫に感じる人も少なくはないようですが、クレンジングオイルを上手に使うことで、お肌のコンディションを整えることができます。

ミルクタイプのクレンジングに向いているメイクとは

メイクを落とすクレンジングにはオイルやリキッド、ジェル、クリーム、ミルクなど様々な種類があります。
それぞれクレンジングには特徴があるので、商品選びの時には考慮するといいでしょう。
自分の肌質やメイクの状態などによってクレンジングを使い分けることで、より効果的にメイクを落とすことができます。

ミルクタイプのクレンジングには、肌に優しいという特徴があります。
界面活性剤の配合量が少なく、油分の多くないミルクタイプは、オイルタイプやリキッドタイプほど洗いあげる力は強くありません。

濃いメイクを落としたい時には洗浄力がマイルドなミルクタイプは向きませんが、皮膚を刺激せずに、優しい力で洗ってくれるクレンジング剤です。
ミルクタイプのクレンジングは、ナチュラルメイクなどメイクを薄めにしている時に向いています。
肌荒れがしやすい人、敏感肌の人は、皮膚への刺激の少ないミルククレンジングを使うといいでしょう。

メイクが崩れないようにしっかりとしたメイクをしている時には、洗浄力が不十分なのでオイルタイプやリキッドタイプを選ぶ方が良さそうです。

それからベースメイクは薄めにしていて、目元や口元だけしっかりとしたメイクをしているという場合も多いと思います。
口紅や、アイメイクはそれぞれリムーバーで除去した上で、ミルククレンジングでナチュラルメイクの部分を取り除くという方法もいいでしょう。

濃くメイクをした場所には洗浄力の強いクレンジングを使い、メイクが濃くないところには洗浄力が強すぎないクレンジングを使うのは、肌への負担を最小源に抑える効果的な方法です。

ミルクタイプのクレンジングの魅力とおすすめの人

メイクは女性の身だしなみに欠かせないものですが、メイクをする時には、メイクをしっかり洗い落とすことも、重要になります。
クレンジングはメイク落としに必須のものですが、どんなクレンジング剤を使うべきか迷っている人は少なくありません。
基本となるものは、オイル系クレンジングです。

水を使わない拭き取りクレンジングや、シート状のクレンジングを使う人もいます。
ジェル状のクレンジングで、毎日の化粧落としをしているという女性も少なくありません。

様々なクレンジングタイプの中から、ミルク型のクレンジングを使う人もいます。
ミルク型のクレンジングはしっとりとした触り心地で、肌への刺激がマイルドなことが特徴のクレンジングです。

ミルククレンジングは、クレンジング剤に見えづらいですが、肌への刺激がマイルドなものを使いたい人に向いています。
多くの人がミルククレンジングを使っている背景には、強くこすらずともメイク汚れを除去できることや、肌への刺激が小さいことがあります。

乾いた手でなければ扱えないようなミルククレンジングもありますが、クレンジング直後の皮膚がしっとりしているため、多くの人に愛される商品です。

ミルククレンジングでメイクの汚れを十分に落とすことができるか疑問に思う人もいますが、メイクの程度や、クレンジングの使い方で満足のいく効果は得られます。

PC用

PC用

おすすめ記事

1

ドモホルンリンクルを使い続けて5年の効果 ドモホルンリンクルを使い続けてもう5年になるのですが、個人的には「効果あり!」と胸を張って言えます。 年齢相応の肌になってシミやシワが目立つようになっていたの ...

2

■目次 肌トラブルを解消する秘訣が詰まったドモホルンリンクル ドモホルンリンクル 無料お試しセットの口コミ ドモホルンリンクルの電話勧誘 ドモホルンリンクル お値段以上の効果が期待できます ドモホルン ...

-美肌について
-, , , ,

Copyright© ドモホルンリンクル 使い続けて5年の感想を素直に口コミします! , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.