乾燥肌について

治りにくい唇の乾燥とスキンケア法

更新日:

唇の皮膚は、他のからだの皮膚と違って薄く皮脂を分泌するための皮脂腺がないので、とてもデリケートで乾燥しやすく、それが原因で荒れることがあります。
冬になると、特に乾燥が気になり始めます。
荒れてしまった唇を正しくスキンケアするためにも、原因を知っておくことが大切です。

まず、皮膚が薄くデリケートな部分だということを意識しておく必要があります。
外からの刺激を受けやすく、皮脂膜によって出される皮脂の潤いがなく、肌を守るための角質層も非常に薄い構造になっています。
そのため、常に水分が蒸発しやすい状態にあります。
この状態は冬の空気や暖房器具なのでも起こるので、皮膚が裂けたりしてそこから雑菌やウィルスが侵入することで荒れていきます。

また、無意識のうちに舐める行為も荒れる原因となります。
唇を舐めた時に付く唾液が蒸発する時に一緒に水分も奪っていってしまうため、乾燥につながります。
お肌に紫外線が当たるとお肌を守ろうとメラニンが生成されますが、唇はメラニンの量が少なく紫外線の影響をダイレクトに受けてしまうため、ダメージが大きく荒れてしまいます。
その他にも、口呼吸が普段からくせになっている方は、口呼吸をすることで空気が触れることや、体内が水分不足の場合も乾燥する原因となります。
デリケートな部分なので、汚れが気になった時にティッシュ等でゴシゴシと擦ることも刺激を与えてしまうことになります。

お手入れの方法としては、リップパックがおすすめです。
蒸しタオル等でゆっくりと温めてから、ワセリンをたっぷりと塗ります。
そして、その上からラップをかけて数分おいてしっかりと潤わせます。
ラップで密閉することで、保湿力を高めてくれます。

リップクリームは、荒れるのを防ぐ目的で使うものなので、荒れてしまった場合には医薬品のリップクリームがおすすめです。
塗る時は、リップクリームを少し温めてから使うと効果的です。
また、キメに合わせて縦向きに塗ると、成分が浸透しやすく効果的です。

特に忘れがちなのがスキンケアです。唇もお肌と同じように日々のお手入れが重要です。
帰宅してメイクを落とす時は、専用のメイクアップリムーバーなどで拭き取っていきます。
この時に気をつけることはゴシゴシこすらないことです。
クレンジングした後は、しっかりと保湿ケアするようにします。
クレンジング後は水分が蒸発しやすい状態なのですぐに保湿することが大切です。
する前にパックなので保湿するとさらに効果的です。

PC用

PC用

おすすめ記事

1

ドモホルンリンクルを使い続けて5年の効果 ドモホルンリンクルを使い続けてもう5年になるのですが、個人的には「効果あり!」と胸を張って言えます。 年齢相応の肌になってシミやシワが目立つようになっていたの ...

2

■目次 肌トラブルを解消する秘訣が詰まったドモホルンリンクル ドモホルンリンクル 無料お試しセットの口コミ ドモホルンリンクルの電話勧誘 ドモホルンリンクル お値段以上の効果が期待できます ドモホルン ...

-乾燥肌について
-, ,

Copyright© ドモホルンリンクル 使い続けて5年の感想を素直に口コミします! , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.