乾燥肌について

おさえておきたい秋のスキンケアのコツとは

更新日:

秋のスキンケアは肌の状態に合わせてチェンジ

朝晩と日中の気温差の激しくなる秋には、肌状態に合わせてスキンケアも衣替えをする時期に入っていきます。

この時期のお手入れのポイントは、保湿と角質ケアと血行促進です。

秋の始めはまだまだ気温も高く、紫外線量も夏場と変わりません。
ところが、10月中旬くらいになると、日中と朝晩の気温差が激しくなり、湿度も急激に下がり始めますよね。
このような気温と湿度の低下を感じたら、秋のお手入れに切り替えていくサインです。

保湿ケアの切り替え時期

暑い季節には、コクのあるスキンケアアイテムやクリームを使わなかった人も、気候や肌状態に合わせて、これらのアイテムを投入していきましょう。

化粧水や乳液などの基礎化粧品は、季節に応じて感触を変えることがおすすめです。
基礎化粧品の衣替えをすることで、季節特有の肌トラブルを回避でき、肌を健康な状態に保てるようになりますよ。
しっとりするタイプのものに切り替えて、肌が必要な量つけるようにしましょう。

化粧水はカレースプーン1杯分が理想量とされています。
片手では溢れてしまうほどの量ですので、2~3回に分けてしっかり肌に浸透させましょう。
乳液だけで補えないような感覚があるなら、最後にクリームをつけて肌が乾燥してしまわないように気をつけてくださいね。

夏のダメージを残さないためには?

人間の肌は28日周期で入れ替わっているという話を聞いたことがありませんか?
ターンオーバーと呼ばれるもので、肌の奥にある基底層で生まれた細胞が、28日かけて形を変えながら肌表面に押し上げられるという肌の新陳代謝のことです。

9月に肌表面にあるのは紫外線量の多い8月に作られた細胞です。
10月の肌は、9月に生まれた細胞から構成されています。

夏場に作られた細胞は、紫外線によるダメージを蓄積しています。
そのため、涼しくなって、紫外線量が減ってきても、せめて10月いっぱいは美白化粧品の使用を継続するべきなのです。

角質ケアで肌代謝を整えて過剰なメラニンを排出する

近年の夏は、日本でも気温が40度近くまで上がる過酷な環境となっています。
夏バテという言葉があるように、食欲がなくなったり、睡眠不足になったり、体調不良を起こす人も多いですよね。
このように、体に不調が起こったり、疲れたりしているときは、肌にも影響が出てしまいます。

体の不調によって、自律神経が乱されると、全身を流れる血液の巡りが悪くなります。
肌は、血液から酸素と栄養素をもらい、血液に老廃物を流して再生や代謝を行なっています。
そのため、血流が悪くなることで、肌の再生力が低下したり、代謝が悪化したりしてしまうのです。

無理のない角質ケアをすることで、肌の代謝スイッチがオンになります。
不要な角質が、上手に剥がれることで、下から綺麗な肌が上がって来るようになるのですね。
夏に沢山浴びた紫外線も、角質の中に溜まっています。

角質ケアにより、メラニンの排出を促すことで、日焼けを早く戻し、シミやくすみのない肌をキープすることが出来ますよ。

夜の入浴と睡眠も美肌のカギ

暑い時期にはシャワーだけで済ませていたという人の中にも、涼しくなってくるとゆっくりお風呂に浸かるようになるという人が増えるのではないでしょうか?

入浴には血行促進や自律神経を整えるという効果があります。

38~40度のぬるめのお湯に、20~30分浸かるのが美肌を作るコツですよ。
全身を血液が一周するのに1分かかると言われます。
20分入浴すると、全身を20回血液が巡るため、滞りがちな血流が改善されます。

また、入浴という行為には、リラックス効果がありますよね。
リラックスすると副交感神経が優位になるため、質の良い睡眠をとることにも繋がります。
質の良い睡眠により、寝ている間に成長ホルモンが多く分泌されます。

この成長ホルモンは、肌代謝を促す、日中に受けたダメージを回復させるなど、美肌つくりには欠かせないホルモンです。
涼しくなってきたら、ゆっくりお風呂に浸かる習慣を持ちましょう。

本格的な冬場に向けてのお手入れをプラス

秋も終わり頃に差し掛かると、本格的な冬がすぐそこに感じるようになります。
冬が来たからと言って、慌ててスキンケアを頑張り始めても少々遅いです。
冬の乾燥を見越したスペシャルケアを、秋から始めるようにしておきましょう。

夏のダメージが残っている、季節の変わり目で体が疲れやすい、気温や湿度が低下し始めるなどの環境にあるため、スペシャルケアの効果を実感しやすい季節でもあります。
なので、パックやマッサージをお手入れにプラスすると良いですよ。

パックには、美容成分が豊富に配合されているため、即効性が期待されます。
マッサージは肌を触ることで、血行促進効果とリラクゼーション効果が得られます。

肌に元気がなくなりやすい時期ですので、これらのお手入れをすることで肌に元気が戻っていくのが実感できますよ。

ドモホルンリンクルは肌質も季節も年齢も問わない基礎化粧品

季節によって化粧品を使い分けるのは面倒!

季節が変われば、お手入れするべき内容が変わるのはわかります。
でも、子育ても家事も、仕事もある中で、自分のスキンケアについてゆっくり考える時間なんて持てませんよね。

でも、女性である限りいつまでも綺麗な肌を保ちたい!
こんなワガママな要望に応えてくれるのが、漢方の製薬メーカー再春館製薬のドモホルンリンクルです。

ドモホルンリンクルって何が良いの?

CMでお馴染みの化粧品ですが、詳しい内容を知っている人って少ないですよね。
『ドモ』はラテン語で『抑制』、『ホルン』はドイツ語で『角質』、『リンクル』は英語で『シワ』という意味を持っています。

年齢に負けず綺麗な肌をいつまでも保てるようにという想いの込められたネーミングです。

クレンジングや洗顔、保湿液など全てに漢方が配合されているため、使い続けることで肌が本来の機能を取り戻し、それをキープすることができるようになります。

乾燥する、シワやシミが気になるなどの、年齢や肌質を問わず起こる悩みをトータルでケア出来るのも長年愛される秘訣です。
保湿力は高いけれど、ベタべタすることがない上、乾燥や美白対策も出来ます。

ドモホルンリンクルはこれらの事を「お肌の土台を整える」ことで実現しています。
だから、季節によっての使い分けが不要な基礎化粧品になっています。

PC用

PC用

おすすめ記事

1

ドモホルンリンクルを使い続けて5年の効果 ドモホルンリンクルを使い続けてもう5年になるのですが、個人的には「効果あり!」と胸を張って言えます。 年齢相応の肌になってシミやシワが目立つようになっていたの ...

2

■目次 肌トラブルを解消する秘訣が詰まったドモホルンリンクル ドモホルンリンクル 無料お試しセットの口コミ ドモホルンリンクルの電話勧誘 ドモホルンリンクル お値段以上の効果が期待できます ドモホルン ...

-乾燥肌について
-, , , , ,

Copyright© ドモホルンリンクル 使い続けて5年の感想を素直に口コミします! , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.